とうきょう森づくり貢献認証制度の「森林整備サポート企業」に認定


東京都庁で行われた認定書授与式
(右:美しい多摩川フォーラム事務局長)


 平成25年5月13日(月)、東京都庁において、「とうきょう森づくり貢献認証制度」認定書の授与式が開催され、当フォーラムと青梅信用金庫が連名で「森林整備サポート企業」の認定を受けました。
 これは、当フォーラムと青梅信用金庫が、東京都青梅市柚木町に平成23年5月に開設した「美しい多摩川フォーラムの森(青梅)」を通じて東京の森づくり運動に参加し、環境保全活動に取り組んでいることが評価されたものです。具体的には、「美しい多摩川フォーラムの森(青梅)」における二酸化炭素吸収量(122.22トン、対象森林面積1.59ヘクタール)が認定されました。
 認定を受けた企業は、今後「認証マーク」を広報媒体などに使用できるほか、都のホームページなどで活動内容や企業情報が紹介されます。

 「とうきょう森づくり貢献認証制度」は、東京都が森林整備活動に関心のある企業や都民等に、森づくり活動への参加と多摩産材の利用をより一層促進させることを目的として平成24年3月に導入されました。この制度に関する詳細は、こちらをご覧ください。

 当フォーラムでは、今後、「美しい多摩川フォーラムの森(青梅)」活動を通じて森づくり運動に参加し、地球温暖化防止等、環境保全に貢献していきたいと思います。

多摩産材(ヒノキ)の額縁に納められた認定書
西多摩新聞の記事
印刷用PDF(3.5MB)