多摩川教育河川ネットワークプラン


多摩川教育河川
事業とは
●令和元年度
子ども新聞
「多摩川っ子」 第12号
第11回・炭焼き体験と水辺の交流会
●平成30年度
子ども新聞
「多摩川っ子」 第11号
第10回・炭焼き体験と水辺の交流会
第11回・多摩川子ども環境シンポジウム
●平成29年度
子ども新聞
「多摩川っ子」 第10号
第9回・炭焼き体験と水辺の交流会
第10回・多摩川子ども環境シンポジウム
●平成28年度
子ども新聞
「多摩川っ子」 第9号
第9回・多摩川子ども環境シンポジウム
●平成27年度
子ども新聞
「多摩川っ子」 第8号
第8回・子どもカヤック
体験教室
第7回・炭焼き体験と
水辺の交流会
第8回・多摩川子ども環境シンポジウム
●平成26年度
子ども新聞
「多摩川っ子」 第7号
第7回・子どもカヤック
体験教室
第6回・炭焼き体験と
水辺の交流会
第7回・多摩川子ども環境シンポジウム
●平成25年度
子ども新聞
「多摩川っ子」 第6号
第6回・子どもカヤック
体験教室
第5回・炭焼き体験と
水辺の交流会
第6回・多摩川子ども環境シンポジウム
●平成24年度
子ども新聞
「多摩川っ子」 第5号
第5回・子どもカヤック
体験教室
第4回・炭焼き体験と
水辺の交流会
第5回・多摩川子ども環境シンポジウム
●平成23年度
第2回・環境学習 in
増戸中学校
子ども新聞
「多摩川っ子」 第4号
第4回・子どもカヤック
体験教室
第3回・炭焼き体験と
水辺の交流会
第4回・多摩川子ども環境シンポジウム
●平成22年度
子ども新聞
「多摩川っ子」 第3号
第3回・カヤック体験教室
第2回・炭焼き体験と
水辺の交流会
第3回・多摩川子ども環境シンポジウム
●平成21年度
第2回・アユ稚魚の
多摩川・秋川放流
子ども新聞
「多摩川っ子」 第2号
第2回・カヤック体験教室
第1回・炭焼き体験と
水辺の交流会
第2回・多摩川子ども環境シンポジウム
●平成20年度
第1回・アユ稚魚の多摩川放流
第1回・カヤック体験教室と日原鍾乳洞めぐり
子ども新聞
「多摩川っ子」 創刊号
第1回・多摩川子ども環境シンポジウム
●平成19年度
多摩川教育河川
ネットワーク構想
・HOMEへ戻る
  第1回 アユ稚魚の多摩川放流について (平成20年5月18日)

  羽村堰上


美しい多摩川フォーラム・教育文化部会では、平成20年5月18日(日)、第1回アユ稚魚の多摩川放流を実施しました。

奥多摩漁業協同組合と川崎漁業協同組合のご協力のもと、多摩川上流域の
羽村堰上・河辺グランド下・釜の淵公園・奥多摩フィッシングセンターの4ヵ所において、
約300人が参加し、多摩川河口で産卵されたアユの養殖稚魚40キロ(約7,000匹)を放流しました。

当日は天気に恵まれ、羽村堰上では地元のサッカークラブの少年や小学生など約100人が参加しました。
バケツからそっと流れに放した7〜8cmの稚アユは、2ヵ月ほどで約2倍の大きさ(15〜20
cm)に育ちます。

放流に参加した子供たちからは、
「アユの稚魚を初めて見て、とても自然を感じた。」
「今までこのような体験をしたことがなかったので、とても楽しかった!」
「早く大きく育ってネ!」
「大きくなって帰ってきてほしい!」
などの感想が聞かれました。

また、子供たちは今回の体験を素直に喜び、親ごさんからも「来年も開催してほしい」との声が上がりました。
当フォーラムとしては、引き続き来年度もアユ稚魚の放流を実施したいと考えています。

子供やファミリーなど多数のご参加、ありがとうございました。

放流の模様
河辺グランド下 釜の淵公園
奥多摩フィッシングセンター 奥多摩フィッシングセンター