多摩川教育河川ネットワークプラン


多摩川教育河川
事業とは
●令和元年度
子ども新聞
「多摩川っ子」 第12号
第11回・炭焼き体験と水辺の交流会
●平成30年度
子ども新聞
「多摩川っ子」 第11号
第10回・炭焼き体験と水辺の交流会
第11回・多摩川子ども環境シンポジウム
●平成29年度
子ども新聞
「多摩川っ子」 第10号
第9回・炭焼き体験と水辺の交流会
第10回・多摩川子ども環境シンポジウム
●平成28年度
子ども新聞
「多摩川っ子」 第9号
第9回・多摩川子ども環境シンポジウム
●平成27年度
子ども新聞
「多摩川っ子」 第8号
第8回・子どもカヤック
体験教室
第7回・炭焼き体験と
水辺の交流会
第8回・多摩川子ども環境シンポジウム
●平成26年度
子ども新聞
「多摩川っ子」 第7号
第7回・子どもカヤック
体験教室
第6回・炭焼き体験と
水辺の交流会
第7回・多摩川子ども環境シンポジウム
●平成25年度
子ども新聞
「多摩川っ子」 第6号
第6回・子どもカヤック
体験教室
第5回・炭焼き体験と
水辺の交流会
第6回・多摩川子ども環境シンポジウム
●平成24年度
子ども新聞
「多摩川っ子」 第5号
第5回・子どもカヤック
体験教室
第4回・炭焼き体験と
水辺の交流会
第5回・多摩川子ども環境シンポジウム
●平成23年度
第2回・環境学習 in
増戸中学校
子ども新聞
「多摩川っ子」 第4号
第4回・子どもカヤック
体験教室
第3回・炭焼き体験と
水辺の交流会
第4回・多摩川子ども環境シンポジウム
●平成22年度
子ども新聞
「多摩川っ子」 第3号
第3回・カヤック体験教室
第2回・炭焼き体験と
水辺の交流会
第3回・多摩川子ども環境シンポジウム
●平成21年度
第2回・アユ稚魚の
多摩川・秋川放流
子ども新聞
「多摩川っ子」 第2号
第2回・カヤック体験教室
第1回・炭焼き体験と
水辺の交流会
第2回・多摩川子ども環境シンポジウム
●平成20年度
第1回・アユ稚魚の多摩川放流
第1回・カヤック体験教室と日原鍾乳洞めぐり
子ども新聞
「多摩川っ子」 創刊号
第1回・多摩川子ども環境シンポジウム
●平成19年度
多摩川教育河川
ネットワーク構想
・HOMEへ戻る
  第1回 多摩川子ども環境シンポジウム (平成20年12月20日)





第一回多摩川子ども環境シンポジウムが平成20年12月20日()午後2時より、昭島市のフォレスト・イン昭和館において、約100名の参加者を集めて開催されました。今回は「多摩川のここが好き!」というテーマで、多摩川流域在住の小・中学生10グループが各々、作文、模造紙、紙芝居、パソコンなどを使い、多摩川の環境について学んだことや調べたことを発表しました。総合司会は高校生、開会宣言は中学生が務め、子どもたちの進行による楽しい、ちょっぴり緊張した発表会が幕を開けました。

発表は次のとおりです。

@「多摩川の魚たち」(ガサガサ水辺の移動水族館)

A「床版橋の謎を探る」(たちかわ水辺の楽校)

B「多摩川探検隊源流体験教室報告」(たちかわ水辺の楽校)

C「青梅(多摩川)の野鳥観察〜バードウオッチングを楽しもう!〜」(青梅・多摩川水辺のフォーラム)

D「多摩川大好き、ボート大好き」(多摩川でボートを楽しむ会)

E「多摩川ヤモリのミッドナイトミーティング」(狛江水辺の楽校)

F「浅川であそぼう」(浅川潤徳水辺の楽校)

G「家庭も多摩川もきれいになる源流きらり 

―小菅中学校での培養実験と自主研究の報告―」(小菅中学校)

H「カヤック体験と日原鍾乳洞めぐり」(青梅第二中学校)

発表終了後、「地球温暖化と多摩川」との題目で、川崎市の高校生によるプロもビックリするようなミニ講演が、パワーポイントを使って行なわれました。今回のシンポジウムには、埼玉県庁からの視察者や高知県四万十市からの来場者、小・中学校の校長の姿もあり、子どもとは思えないような堂々とした態度や発表内容、心地良い司会進行に、来場者は驚きと感動で胸が一杯の様子でした。各グループには、作品賞として、当フォーラムの下重教育文化部会長より賞状が授与されました。

「次回(来年)の開催が今から楽しみで待ち遠しい。」との声が会場に溢れていました。


シンポジウムの模様
開会直前はちょっぴり緊張の面持ち 緊張にも負けすしっかり発表できました

手づくりの紙芝居による発表! 大人顔負けの発表も
展示作品を熱心に見ている子ども達 工夫を凝らした研究成果が発表されました
駆けつけた人たちでギャラリーは満席! 頑張った子どもたちへ賞状が贈られました