多摩川教育河川ネットワークプラン


多摩川教育河川
事業とは
●令和元年度
子ども新聞
「多摩川っ子」 第12号
●平成30年度
子ども新聞
「多摩川っ子」 第11号
第10回・炭焼き体験と水辺の交流会
第11回・多摩川子ども環境シンポジウム
●平成29年度
子ども新聞
「多摩川っ子」 第10号
第9回・炭焼き体験と水辺の交流会
第10回・多摩川子ども環境シンポジウム
●平成28年度
子ども新聞
「多摩川っ子」 第9号
第9回・多摩川子ども環境シンポジウム
●平成27年度
子ども新聞
「多摩川っ子」
第8号
第8回・
子どもカヤック
体験教室
第7回・炭焼き体験と
水辺の交流会
第8回・多摩川子ども環境シンポジウム
●平成26年度
子ども新聞
「多摩川っ子」
第7号
第7回・
子どもカヤック
体験教室
第6回・炭焼き体験と
水辺の交流会
第7回・多摩川子ども環境シンポジウム
●平成25年度
子ども新聞
「多摩川っ子」
第6号
第6回・
子どもカヤック
体験教室
第5回・炭焼き体験と
水辺の交流会
第6回・多摩川子ども
環境シンポジウム
●平成24年度
子ども新聞
「多摩川っ子」
第5号
第5回・
子どもカヤック
体験教室
第4回・炭焼き体験と
水辺の交流会
第5回・多摩川子ども
環境シンポジウム
●平成23年度
第2回・環境学習 in
増戸中学校
子ども新聞
「多摩川っ子」
第4号
第4回・
子どもカヤック
体験教室
第3回・炭焼き体験と
水辺の交流会
第4回・多摩川子ども
環境シンポジウム
●平成22年度
子ども新聞
「多摩川っ子」
第3号
第3回・カヤック
体験教室
第2回・炭焼き体験と
水辺の交流会
第3回・多摩川子ども
環境シンポジウム
●平成21年度
第2回・アユ稚魚の
多摩川・秋川放流
子ども新聞
「多摩川っ子」
第2号
第2回・カヤック
体験教室
第1回・炭焼き体験と
水辺の交流会
第2回・多摩川子ども
環境シンポジウム
●平成20年度
第1回・アユ稚魚の
多摩川放流
第1回・カヤック体験教室と日原鍾乳洞めぐり
子ども新聞
「多摩川っ子」
創刊号
第1回・多摩川子ども
環境シンポジウム
●平成19年度
多摩川教育河川
ネットワーク構想
・HOMEへ戻る
第5回 子どもカヤック体験教室 (平成24年7月21日)



多摩川・釜の淵川原にて開催(東京都青梅市)

 平成24年7月21日(土)、美しい多摩川フォーラムでは、青梅市と青梅市カヌー協会との共催で、「第5回子どもカヤック体験教室」を多摩川・釜の淵川原(青梅市)にて開催しました。当日は、数日前の猛暑とは打って変わって、ひんやりとした曇り空ではありましたが、元気な子どもたちや保護者など約70名の方が、青梅市釜の淵市民館に集合しました。

 美しい多摩川フォーラム・環境清流部会長の渡邉勇様、青梅市環境政策課係長の田中正史様、青梅市カヌー協会副会長の青木徹様の挨拶の後、青梅市カヌー協会のインストラクターさんから、水辺の安全講習を受け、川の流れ方や川に潜む危険、川でおぼれた時の対処法などを学びました。
 続いて、ライフジャケットとゼッケンを装着し、隣接の市民プールでのカヤック体験班、川原での実地講習班の2班に分かれ、屋外安全講習に移りました。プールでのカヤック操作は、水流の影響を受けないため、パドルをたやすく漕ぐことができ、少し物足りなさそうでしたが、初めてのカヤック体験に子どもたちの目は輝いていました。
 午後は、全員が流れのある川でのカヤック講習を受けました。子どもたちは最初、川の流れに行く手を阻まれ、木の葉のように漂っていましたが、青梅市カヌー協会のインストラクターさんの的確なアドバイスを受けながらパドルを漕ぎ、次第に思った方向に行くことができるようになり、子どもたちからは笑顔があふれるようになりました。
 最後に、希望者が「川流れ体験」を行いました。頭を上流側、足を下流側に向け、川の流れに身を任せ、流されてもライフジャケットを身につけていれば安全であることを学びました。

 講習を終えた参加者からは、「カヤックの漕ぎ方が分かり、勉強になった」、「腕が疲れたけど、楽しかった」、「最高!」などの様々な感想をいただきました。
 来年も、より楽しく安全な「子どもカヤック体験教室」を計画していますのでお楽しみに!

イベントスケジュール
9:30 受付
10:00 午前の部 開始
12:00 お昼休み
13:00 午後の部 開始
15:00 カヤック体験終了
15:30 解散
講習内容
午前: 水辺の安全学習(釜の淵市民館)
ライフジャケット装着
カヤックに慣れる(乗り方、転覆時の安全な対応方法など)
午後: 川の横断、ストリームイン・アウトなど

子どもカヤック体験教室の様子
まずは座学でじっくり水辺の安全学習
参加者全員で入念な準備運動
安全のため、ライフジャケットとヘルメットを装着
午前中は、釜の淵市民プールで基本練習
いよいよプールの中で実践
他の子どもとぶつからないよう、舵取りが難しい!
重いカヤックを、自分たちで川まで運びます
午後は多摩川で本番
流れに負けず、上手く漕げるかな?
青梅市カヌー協会の方たちの丁寧な指導により、
子どもたちは最後まで安全に楽しむことができました
希望者による「川流れ体験」
これを経験すれば、とっさの時も対処できます
来年も、「子どもカヤック体験教室」でお会いしましょう!

ホームお問い合わせフォーラム規約プライバシーポリシー

美しい多摩川フォーラム事務局 (青梅信用金庫 地域貢献部内)
Copyright © Forum for the Beautiful Tama River All Rights Reserved