多摩川教育河川ネットワークプラン


多摩川教育河川
事業とは
●令和元年度
子ども新聞
「多摩川っ子」 第12号
第11回・炭焼き体験と水辺の交流会
●平成30年度
子ども新聞
「多摩川っ子」 第11号
第10回・炭焼き体験と水辺の交流会
第11回・多摩川子ども環境シンポジウム
●平成29年度
子ども新聞
「多摩川っ子」 第10号
第9回・炭焼き体験と水辺の交流会
第10回・多摩川子ども環境シンポジウム
●平成28年度
子ども新聞
「多摩川っ子」 第9号
第9回・多摩川子ども環境シンポジウム
●平成27年度
子ども新聞
「多摩川っ子」
第8号
第8回・
子どもカヤック
体験教室
第7回・炭焼き体験と
水辺の交流会
第8回・多摩川子ども環境シンポジウム
●平成26年度
子ども新聞
「多摩川っ子」
第7号
第7回・
子どもカヤック
体験教室
第6回・炭焼き体験と
水辺の交流会
第7回・多摩川子ども環境シンポジウム
●平成25年度
子ども新聞
「多摩川っ子」
第6号
第6回・
子どもカヤック
体験教室
第5回・炭焼き体験と
水辺の交流会
第6回・多摩川子ども
環境シンポジウム
●平成24年度
子ども新聞
「多摩川っ子」
第5号
第5回・
子どもカヤック
体験教室
第4回・炭焼き体験と
水辺の交流会
第5回・多摩川子ども
環境シンポジウム
●平成23年度
第2回・環境学習 in
増戸中学校
子ども新聞
「多摩川っ子」
第4号
第4回・
子どもカヤック
体験教室
第3回・炭焼き体験と
水辺の交流会
第4回・多摩川子ども
環境シンポジウム
●平成22年度
子ども新聞
「多摩川っ子」
第3号
第3回・カヤック
体験教室
第2回・炭焼き体験と
水辺の交流会
第3回・多摩川子ども
環境シンポジウム
●平成21年度
第2回・アユ稚魚の
多摩川・秋川放流
子ども新聞
「多摩川っ子」
第2号
第2回・カヤック
体験教室
第1回・炭焼き体験と
水辺の交流会
第2回・多摩川子ども
環境シンポジウム
●平成20年度
第1回・アユ稚魚の
多摩川放流
第1回・カヤック体験教室と日原鍾乳洞めぐり
子ども新聞
「多摩川っ子」
創刊号
第1回・多摩川子ども
環境シンポジウム
●平成19年度
多摩川教育河川
ネットワーク構想
・HOMEへ戻る
第6回 子どもカヤック体験教室 (平成25年7月20日)



多摩川・釜の淵川原にて開催(東京都青梅市)

 平成25年7月20日(土)、美しい多摩川フォーラムでは、NPO法人青梅市カヌー協会協力のもと、青梅市、おうめ水辺の楽校運営協議会と連携して、「第6回子どもカヤック体験教室」を多摩川・釜の淵川原(青梅市)にて開催しました。当日の朝は曇り空でしたが、開会式の頃には薄日が射す程度に天気が回復し、受付会場の青梅市釜の淵市民館には、元気な子どもたちや保護者など、約70名の方が集まりました。

 はじめに、主催者を代表して、美しい多摩川フォーラムの土方事務局次長、続いて、青梅市環境経済部環境政策課の渡部課長補佐様、NPO法人青梅市カヌー協会の青木副会長様の挨拶があり、その後、NPO法人青梅市カヌー協会のインストラクターから水辺の安全講習を受け、川の流れの特徴や川に潜む危険を、クイズ方式で学びました。

 続いて、ライフジャケットとゼッケンをしっかり装着し、2班に分かれて釜の淵川原に降り、カヤック講習を受けました。最初はパドルを持ったものの、川の流れで思うようにパドルが動かず、木の葉のように漂い、中にはパドルを川に流してしまう子どももいましたが、カヌー協会スタッフの個別指導により、あっという間にコツをつかみ、徐々に思った方向に進むことが出来るようになりました。水辺には、子どもたちの歓声が響き渡り、経験したことのない楽しさに笑顔があふれていました。

 カヤック講習の待ち時間には、川を歩いて対岸へ渡り、川の探検や川流れ体験も行いました。頭を上流側、足を下流側に向け、川の流れに身を任せ、ライフジャケットの安全性を身をもって学習しました。

 講習を終えた参加者や保護者からは、「最初は難しかったが、思った方向にこぎ進めるようになり、だんだん面白くなってきた」、「水辺に親しむ機会が少ないので、このようなイベントは有り難い」などの感想をいただき、大好評のうちに無事終了しました。

 来年も、「子どもカヤック体験教室」を計画していますのでお楽しみに!

イベントスケジュール
9:30 受付
10:00 午前の部 開始
12:00 お昼休み
13:00 午後の部 開始
15:00 カヤック体験終了
15:30 解散
講習内容
午前: 水辺の安全学習(釜の淵市民館)
ライフジャケット装着
カヤックに慣れる(乗り方、転覆時の安全な対応方法など)
午後: 川の横断、ストリームイン・アウトなど

子どもカヤック体験教室の様子
まずは座学でじっくり水辺の安全学習
参加者全員で入念な準備運動
安全のため、ライフジャケットとヘルメットを装着
パドル操作など、基本を学びます
いよいよ多摩川の川原へ
カヌー協会スタッフの手助けを借りながら、
慎重にカヤックに乗り込みます
はじめは前に進むこともままならない様子
大勢のスタッフから、手取り足取りの
丁寧な指導を受ける参加者
徐々に岸から離れ、スイスイ
進めるようになりました
カヤック体験以外にも、川の探検や
川流れ体験なども行いました

ホームお問い合わせフォーラム規約プライバシーポリシー

美しい多摩川フォーラム事務局 (青梅信用金庫 地域貢献部内)
Copyright © Forum for the Beautiful Tama River All Rights Reserved